痩せる絶対条件STEP3〜ビタミンミネラル〜

ブログ

ビタミンミネラルの役割

三大栄養素にビタミンとミネラルを加えたものを『五大栄養素』と言います。
ビタミン・ミネラルはエネルギーにはなりませんが
タンパク質、脂質、糖質の分解や合成を助ける働きを持ちます。
健康維持や体調管理には欠かせません。
ビタミンミネラルは三大栄養素の効果を最大限に発揮させる縁の下の力持ちです。

 

脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンとミネラル

脂溶性ビタミン
☑︎油脂に溶けやすい
☑︎大量に摂取すると過剰症になる可能性がある
☑︎ビタミンA,D,E,Kがある

 

水溶性ビタミン
☑︎水に溶けやすい
☑︎過剰症の心配がほとんどない
☑︎ビタミンBやCがある

 


ミネラル
☑︎カラダを構成する元素から酸素・炭素・水素・窒素を除いたもの(無機質と呼ぶ)
☑︎カルシウム、鉄、ナトリウムなど16種類ある
☑︎野菜、果物、海藻、乳・乳製品に多く含まれる

 

 

ビタミン=野菜や果物ではありません

ビタミン=野菜や果物と思われがちですが実際はそんなことありません。
ビタミンはお魚やお肉や卵などにも含まれます。
お野菜や果物の植物性食材よりお魚やお肉などの動物性食材の方が吸収率も良いです。
さらに動物性食材はタンパク質も豊富なので一石二鳥です。

 

ビタミンAの役割

ビタミンAは肌の調子を整えてくれたり
のどや鼻などの粘膜に働いて細菌から体を守ったりしてくれます。

 


ビタミンAを多く含む食品….
レバー、うなぎ、バター、マーガリン、チーズ、卵、緑黄色野菜など。

どれくらい摂取すればいい??

 

ビタミンDの役割

ビタミンDは小腸や腎臓でカルシウムとリンの吸収を促進する働きや
血液中のカルシウム濃度を保ち丈夫な骨をつくる働きがあります。

 

ビタミンDを多く含む食品…
魚介類、卵類、きのこ類など

 

 

 

 

 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。